コスパ担当大臣に就任しました!

コスパ大臣の経済的自立(FIRE)への旅ブログ

Nサラリーマンが経済的自立(FIRE)を達成するまでの道のりを記録したブログです!

コスパ大臣の経済的自立(FIRE)への旅ブログ

【コスパ★5】Leebotree逆折り式折りたたみ傘の本音レビュー/メリット/デメリットを徹底解説します!(約2,000円)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは!

管理人のコスパ大臣です。

今回は「Leebotree逆折り式折りたたみ傘」について紹介します!

皆さんは折りたたみ傘ってどんなものを使っていますか?

管理人は最寄り駅まで自転車を使うことが多いので、長い傘を持ち歩くのが大変なんですね・・・

満員電車に長い傘を持ち込むのも大変だし、傘立てに置いたまま忘れて帰ってしまうこともあるので、折りたたみ傘をよく利用しています!

折りたたみ傘なんて何でも一緒だと思っていましたが、これを利用してから認識が変わりました!

管理人の本音レビューとメリット/デメリットを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

いきなり結論!!

【Leebotree逆折り式折りたたみ傘のメリット】

①逆折り式なので、畳む時に手が濡れない

②サイズが大きいので、背負ったバッグも濡れない

③ワンタッチ式+サイズが大きいわりには重量が軽い

④価格も約2,000円とコスパがいい

【Leebotree逆折り式折りたたみ傘のデメリット】

①傘のカバーが小さいのでしまいづらい

 

 

Leebotree逆折り式折りたたみ傘とは

Leebotreeとは、Amazonで評判の逆折り式の折りたたみ傘です!

Amazonを見てもどこの国のメーカーか書いてないので分かりませんが、説明文のちぐはぐな日本語を見ると、日本製ではなさそうです・・・(笑)

とはいえ、辛口レビューで定評があるMONOQLOの「ベストバイオブザイヤー2019」で選ばれているので、商品自体は信頼できます!

管理人も実際に使って、素晴らしい商品だと実感しているので、安心して利用してください!

Leebotree逆折り式折りたたみ傘のメリット

①逆折り式なので、畳む時に手が濡れない

f:id:cp-daijin:20200126112628j:plain

Leebotree逆折り式折りたたみ傘の一番のメリットは、畳む時に手が濡れないことです!

ワンタッチ式の折りたたみ傘を使ったことのある方はわかると思いますが、柄の部分を畳む時に濡れた部分を持たないといけないんです・・・

朝の通勤で会社に着いた時に、最後の最後で手が濡れてしまうことが本当に嫌でした・・・(笑)

しかし、逆折り式の折りたたみ傘の場合は濡れた面が裏側に入るので、傘を畳む際に手が濡れることがありません!

文字では伝わりにくいかもしれませんが、これは本当に管理人にとって大革命でした。

②サイズが大きいので背負ったバッグも濡れない

f:id:cp-daijin:20200126111410j:plain

Leebotree逆折り式折りたたみ傘はサイズが大きいので、背負ったバッグも濡れません!

管理人はかなり体が大きい方なので、普通の折りたたみ傘では濡れてしまうことが多いんです・・・

さらに、管理人は会社にバッグで行っているのですが、この折りたたみ傘はサイズが大きいので安心してさすことができます!

③ワンタッチ式+サイズが大きいわりには重量が軽い

f:id:cp-daijin:20200126111501j:plain

Leebotree逆折り式折りたたみ傘は、ワンタッチ式+サイズが大きいわりには軽いです!

皆さんはワンタッチ式の折りたたみ傘って使ったことはありますか?

ボタンを押しただけで一気に傘が開くのは、かなりの快感ですよね(笑)

とはいえ、ワンタッチ式の折りたたみ傘って機構が複雑になるので重いんです・・・

しかし、このLeebotree逆折り式折りたたみ傘はサイズのわりに重量が約350gと軽くなっています!

毎日持ち運ぶ折りたたみ傘なので、軽いことは本当に大きなメリットになります!

④価格も約2,000円とコスパが良い

f:id:cp-daijin:20200126111635p:plain

Leebotree逆折り式折りたたみ傘は価格も約2,000円とコスパもとても良いです!

管理人は今まで折りたたみ傘なんてどれでも一緒だと思い安いのを使っていましたが、やはり雨の時に自分が濡れるのでは全く意味がありません・・・

折りたたみ傘はそこまで頻繁に使うものではないですし、普通に使っていれば何年でも使用することができます。

それを考えると1回2,000円を払って、満足するものを長く使うのがとてもコスパがいいと思っています!

Leebotree逆折り式折りたたみ傘のデメリット

①傘のカバーが小さいのでしまいづらい

f:id:cp-daijin:20200126112600j:plain

Leebotree逆折り式折りたたみ傘の唯一のデメリットは、傘のカバーが小さくてしまいづらい点です・・・

おそらくなるべくコンパクトな折りたたみ傘にするための気がしますが、カバーのサイズがギリギリで正直しまいづらいです。

また、カバー自体も薄いので少し頼りないなと思ってしまいます・・・

※とはいえ、逆折り式で濡れた面は表に出ないので大丈夫なのですが(笑)

Leebotree逆折り式折りたたみ傘との出会い〜購入までの経緯

①雑誌:MONOQLO(ベストバイオブザイヤー2019)で紹介されていた

f:id:cp-daijin:20200126092909j:plain

この商品は「MONOQLO(ベストバイオブザイヤー2019)」で紹介されているのを見つけました!

そこで、<折りたたみ傘を買うなら「逆折り式がベスト」>と紹介されているのを見て、逆折り式の折りたたみ傘に興味をもちました!

管理人にとっても、最近購入した安い折りたたみ傘に不満を持っていたときだったので、Amazonで実際に購入してみました!

②今まで折りたたみ傘なんてどれでも一緒だと思ってた

f:id:cp-daijin:20200126111802p:plain

管理人は今まで折りたたみ傘なんてどれでも一緒だと思っていました!

今まで適当に買った折りたたみ傘を使っていたのですが、サイズも小さく背負っているかばんが濡れてしまうことがよくありました・・・

折りたたみ傘は緊急用なのでしょうがないという認識でしたが、この記事を読んでとても興味がわきました。

③背負っているバッグが濡れないし、畳むときにも手が濡れない

f:id:cp-daijin:20200126111853p:plain

管理人が一番感動したのは、背負っているバッグが濡れないし、畳む時にも手が濡れないことです!

雨の中出社してやっと会社に着いたと思ったら、背負っているバッグが濡れていて、畳む時に手が濡れたら最悪の気分ですよね・・・

こちらの折りたたみ傘を購入してから、雨の日でも折りたたみ傘を持ち歩くのが苦にならなくなりました!

管理人から一言

f:id:cp-daijin:20200126112050j:plain

今回の記事で散々解説してきましたが、Leebotree逆折り式折りたたみ傘は本当におすすめの商品です!

今まで管理人は雨の日は長い傘を持ち歩き、折りたたみ傘は非常用だったのですが、これを買ってから常に折りたたみ傘で対応するようになりました。

濡れた長い傘を持って満員電車に乗ったり、傘立てに入れたまま忘れたりするので、折りたたみ傘に統一した方が本当に便利です!

管理人に共感していただけた方は、ぜひ購入してみてください!

これだけは読んでほしい

今回の記事を読んで「コスパ大臣っていい記事書くじゃん!」と思ってくださった方は、下の2つの記事もぜひ読んでみて下さい!自信作です!!

www.cp-daijin.com

www.cp-daijin.com