コスパ担当大臣に就任しました!

コスパ大臣の経済的自立(FIRE)への旅ブログ

Nサラリーマンが経済的自立(FIRE)を達成するまでの道のりを記録したブログです!

【レビュー】珪藻土バスマットでおすすめは「soil バスマット light」!実際に利用して感じたメリット・デメリットを含めて紹介します!(5,500円)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:cp-daijin:20180412223401j:plain

こんにちは!

管理人のコスパ大臣です。

今回は、最近話題の珪藻土バスマット「soil バスマット light」について紹介します!

皆さん、バスマットなんてどれを選んでも一緒だと思ってませんか?

正直、管理人は今までそう思っていました(笑)

珪藻土バスマットが最近すごい話題になっているので買ってみたのですが、想像以上に良くて驚きました!

実際に利用してみた感想やメリット・デメリットをまとめるので、ぜひ参考にしてみてください!

いきなり結論!!

【Soil バスマット Lightのメリット】

・吸水性が良い(Amazonレビューも高い)

・他の製品と比べてとにかく軽い(約1.8kg)

・安心の日本製

 

珪藻土バスマットの選び方

吸水性が良いもの

f:id:cp-daijin:20180412231450j:plain

珪藻土バスマットを選ぶ際に重要なのは吸水性です!

吸水性に関して数値化などされていれば比較しやすいのですが、ないのでAmazonレビューを見るしかありません・・・

「評価の件数が多い+吸水性に関して悪いコメントが少ない」ものを選べば間違いないと思います!

重量が軽いもの

f:id:cp-daijin:20180413204057p:plain

重量は軽いもののほうが、普段使いするにあたって快適です!

珪藻土バスマットは土でできているため、正直意外と重いです(笑)

使用後には、毎回乾燥させるために立てかけることになるので、軽いほうが圧倒的に快適です!

soil バスマット lightについて

基本情報

f:id:cp-daijin:20180305212604j:plain

サイズ:425×575×9.5mm

重量:約1.8Kg

原産国:日本

Amazonでの評価

f:id:cp-daijin:20180412232528p:plain

Amazonでの評価は4.5(196レビュー)となっています!

吸水力に関しても良い評価が多いので、安心して購入してください(笑)

※管理人も使用していて全く不満がありません

重量が軽い

f:id:cp-daijin:20180413204523j:plain

商品名に「light」と入っているだけあって、他のものと比べても圧倒的に軽いです!

soil バスマット light → 1.8kg

Tenswall (Amazonベストセラー1位) → 2.7kg

珪藻土バスマットってで出来ているので、正直重そうという印象でした…

しかし、soil バスマット lightは片手で持ち上げられるほど軽かったです!

毎日使うものなので、軽いもののほうが圧倒的に便利です・・・!

安心の日本製

f:id:cp-daijin:20180513091743p:plain

Soil バスマット Lightは安心の日本製です!

こちらのメーカーである「イスルギ」は、もともと左官を行っていた会社になります。

土壁・砂壁・漆黒仕上げなど、今まで培ってきた「土」への技術を活用し、高品質な製品を提供しています!

f:id:cp-daijin:20180513092039p:plain

お手入れはやすりで

f:id:cp-daijin:20180413204921p:plain

実は、珪藻土バスマットは長く使うと吸水性が落ちてきます…

なぜなら、珪藻土の細かな隙間に埃や皮脂が詰まってしまうからです!

普通の布のバスマットなら洗濯すればいいのですが、珪藻土バスマットは水洗いすることができません…

ではどうするかというと、やすりで表面を磨きます(笑)

表面を削ることによって、詰まった埃や皮脂を削り落として掃除します!

※細かい粉が出るので、ベランダや外で行いましょう

管理人はまだ買ったばかりなので分かりませんが、3ヶ月に1回程度で十分みたいですね!

段差に注意

f:id:cp-daijin:20180413205355j:plain

珪藻土バスマットを利用するにあたって、段差には必ず注意が必要です!

段差の上珪藻土バスマットを置いて乗ってしまうと、簡単に割れてしまいます…

必ず平らな床の上に直に置くようにしましょう!

水洗いや天日干しも禁止

f:id:cp-daijin:20180413205749p:plain

珪藻土バスマットは、水洗いや天日干しも禁止です!

掃除したい時は濡れタオルで拭くか、やすりがけで対応しましょう!

使用後に天日干ししたくなる気持ちもわかりますが、必ず陰干しでお願いします!

メリット

バスマットを洗う手間が無くなる

f:id:cp-daijin:20180413210041p:plain

これは珪藻土バスマットのメリットなのですが、バスマットを毎回洗う必要がなくなります!

3ヶ月に1回程度のやすりがけは必要になりますが(笑)

毎回洗濯するとなると、布のバスマットも複数必要になりますよね…

しかも、布のバスマットはだんだんと擦れてきたりすると思います!

その点、珪藻土バスマットは1つあれば毎日使えますし、やすりがけをすれば長い間使うことができます!

立てかけておくだけなので楽

f:id:cp-daijin:20180312005912j:plain

珪藻土バスマットは使い終わった後に立てかけておいて、使うときにひくだけなので超ラクです!

布バスマットの「洗濯して→干して→風呂場にセット」の毎日のサイクルが無くなるだけで価値がありますよ(笑)

バスマット下の床がびしょびしょにならない

f:id:cp-daijin:20180413210747p:plain

布のバスマットの時だと、最後の人の時にはバスマット下の床までびしょびしょになっていました…

床のカビとかを心配していたのですが、soil バスマット lightを利用してから床にしみることがなくなりました!

脱衣所の床ってカビやすいし、弱くなりやすい部分だと思うので買ってよかったと思います!

デメリット

使い始めはザラザラしていた

f:id:cp-daijin:20180413210959p:plain

原材料が土なのでしょうがないですが、使い始めは表面がザラザラしていました…

しかし、濡れタオルでサッと拭くようにしてからはザラザラ感もなくなり、快適に使用できています!

皆さんも使い始める前に、一度濡れタオルでサッと拭くことをおすすめします!

気をつけなきゃいけない点が多い

f:id:cp-daijin:20180413211332p:plain

上でも説明しましたが、「段差」「水洗い」「天日干し」は原則禁止になります!

これをしてしまうと、最悪バスマットが割れてしまい、使い物にならなくなってしまいます…

これは珪藻土バスマット特有の注意点なので、必ず守るようにしてください!

管理人のレビュー

家族4人で使っても全く問題がない

f:id:cp-daijin:20180413211505p:plain

管理人は4人家族なのですが、全員で使用しても全く問題なく水を吸ってくれます!

今まで布のバスマットを使っていたのですが、最後の人の時にはびしょびしょになっていたんですね…

soil バスマット lightは完全に水を吸ってくれるので、なんか足の裏の水分が綺麗に吸い取られて、とても気持ちいいです(笑)

正直めちゃくちゃ快適なので、迷っている方は絶対に購入することをお勧めします!

普段の出し入れが超ラク

f:id:cp-daijin:20180312005915j:plain

soil バスマット lightは布のバスマットと違い、毎日お手入れする必要はありません!

使い終わった後に立てかけておくだけなので、普段の出し入れが超ラクです!(笑)

思ったより軽かった

f:id:cp-daijin:20180305212236j:plain

珪藻土バスマットはもっと重いものだと思っていたのですが、実際に持ってみると意外と軽くて驚きました!

片手で軽く持ち上げることができますし、使用後に立てかけておくのも全然苦じゃありません!

管理人から一言

f:id:cp-daijin:20180305211951j:plain

正直、バスマットなんてどれを使っても同じだと思っていました(笑)

しかし、珪藻土バスマットはネットでの評価がとても高かったので使ってみたいと思っていました!

初めてこのsoil バスマット lightを使った時は快適さに驚きました!

管理人も実際に利用してとても満足しているので、迷っている方はぜひ購入してみてください!