コスパ担当大臣に就任しました!

コスパ大臣の経済的自立(FIRE)への旅ブログ

Nサラリーマンが経済的自立(FIRE)を達成するまでの道のりを記録したブログです!

コスパ大臣の経済的自立(FIRE)への旅ブログ

スイングドクターの使い方と効果についてレビューします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MEGA/メガスイングドクター練習機【ドライバータイプ】

こんにちは!

管理人のコスパ大臣です。

今回はスイングドクターについて使い方と効果について、レビューしたいと思います!

管理人は最近ゴルフを初めたのですが、なかなか上達せず困っていました…

そんな時、このスイングドクターが練習器具の中で高い評価を受けていると知り、買ってみることにしました

実際に試してみたところ、予想以上に練習になりそうだったので、レビュー記事を書いてみました!

このページに辿り着いたということは、スイングドクターに興味を持っているということだと思うので、ぜひ参考にしてみてください!

いきなり結論!!

◇スイングドクターとは

・ぐにゃぐにゃシャフトで実際に打つ練習ができる、ゴルフ練習器具

◇スイングドクターの効果

・自分がいかに手打ちで振ってたかを実感できる

・自分がいかに上半身の捻るが足りなかったか実感できる

・クラブのタメの重要性が理解できる

・普通のクラブに戻した時に、とても打ちやすく感じる

 

 

スイングドクターについて

スイングドクターとは

f:id:cp-daijin:20210220175729p:plain

スイングドクターとは、広田ゴルフから販売されている、ぐにゃぐにゃシャフトのゴルフクラブです!

クラブの形状は色々ありますが、一般的なのはドライバータイプとアイアンタイプの2種類だと思います

ドライバータイプの方がクラブ自体が長いため、アイアンタイプに比べて難易度は高くなります

スイングドクターの特徴

ゴルフをしている人のイラスト(ゴルフ場)

スイングドクターの最大の特徴は、実際にゴルフボールを打てるという点です!

世の中には数多くのゴルフ練習器具がありますが、実際にゴルフボールを打てる練習器具はなかなかありません

素振りの延長の様な器具もありますが、練習の成果は実際に球を打ってみるまで分かりません

しかし、このスイングドクターを使うと、間違ったスイングをしていると変なボールしか出ないため、練習の成果がとても分かりやすいです!

スイングドクターの使い方

パークゴルフのイラスト

スイングドクターの使い方は、正直解説するまでもありませんが、これを使ってゴルフボールを打つだけです

実際に使ってみれば分かりますが、スイングドクターは本当にぐにゃぐにゃシャフトなので、手打ちをしている限り、正しく球が飛ぶことはありません

管理人の場合、初めの頃は右へのドスライスばかりで、今までどんなに手打ちだったかを痛感しました

実際にスイングドクターを使用している動画で一番参考になるのでは、以下の動画です

※4:45からレッスンプロの菅原大地プロのスイング動画があり、6:30から素人の方のスイングがあります

youtu.be

管理人も最初の頃はまっすぐなんて全く飛ばずに、右へのドスライスばかりでした…

実際に自分でスイングドクターを使ってみてから、この菅原大地プロのスイングを見ると、格の違いを感じます

おそらく皆さんが想像している以上に難しいので、ぜひ試してみてください!

スイングドクターの効果

①自分がいかに手打ちだったかを実感できる

ゴルフ肘のイラスト

このスイングドクターは、なかなかまっすぐな球が出ないのですが、時間をかけて練習しているとコツを掴むときが何回かあります

そのうちの1つ目が「手打ちではなく、体幹を使って打つ」ことです!

これは素人の管理人の実感ですが、手を使わずに体幹を使って打つと、ある程度まっすぐの球が出る気がしています

手を使わないというのはとても難しいのですが「ゴルフクラブの握る強さを、歯磨き粉が飛び出さない程度で握る」というのが一番しっくりきました!

※前にUUUM GOLFのなみきちゃんの動画で、プロに歯磨き粉を握ってもらう動画があり、全然飛び出さないのをみて、それから自分も意識するようにしています

※動画が見つからないので、見つかり次第リンク貼るようにします…

実際にやってみると分かると思うのですが、ゴルフクラブをほとんど握らずに振ってみると、腕の力でクラブを振ることは全く出来ない状態です

この状態で力を出すには、肩や腰などの体幹で力を生み出し、それを腕やクラブまで伝えるしかありません

少なくとも、管理人はこれを意識し始めてから、スイングドクターでもまっすぐのボールを打てるようになりました!

②自分がいかに上半身の捻りが足りなかったか実感できる

スポーツのスランプのイラスト(ゴルフ)

もう一つ大事なコツは「左肩が顎の下にくるまで上半身をしっかり捻る」ことです!

そもそも腕の力を使わずにクラブをセットするためには、上半身ごと捻ってクラブをセットする必要があります

※上半身が捻れていないのにクラブをセットできるということは、腕でクラブを上げている証拠です

上半身の捻転の重要さについては、以下の動画が最も参考になると思っています!

youtu.be

管理人にとって、スライスが出る一番の原因は、上半身が開いた状態で玉を打っていることだと思っています

このように、左肩が顎の下までくるほど上半身を捻って打つことによって、スイングドクターでもまっすぐの球を打つことができるようになりました!

③タメの重要性が理解できる

ウッドのイラスト(ゴルフクラブ)

実際にスイングドクターを使ってみると分かりますが、このクラブのグニャグニャ具合は本当に想像以上です!

このクラブで普通に振ってしまうと、手首ばかり先行してしまい、ヘッドが遅れて必ずスライスするようになっています

いつも以上にタメを作り、ヘッドが来るまで待たないと、まっすぐボールを打つことは出来ません

これは、クラブを速く振ろうとするほど難しくなるので、練習しがいがあるポイントです!

④普通のクラブに戻した時に、とても打ちやすく感じる

ゴルフをする男性のイラスト(ゴルファー)

最後にこのクラブの最大のメリットは、普通のクラブに戻した時に打ちやすく感じる点です!

特に、ドライバー型のスイングドクターを使った後に自分のドライバーを使うと、まっすぐの球が出やすいことにびっくりすると思います

扱いが難しいクラブで練習することにより、普段のクラブに変えた時に簡単に感じるのが最大のメリットです!

管理人は現在、ドライバー型のスイングドクターにて、直ドラを練習しています

これが打てるようになった時、ドライバーのレベルが数段上がると信じて、日々精進しています!

管理人から一言

f:id:cp-daijin:20200126112050j:plain

今まで説明してきたとおり、スイングドクターはとてもおすすめの練習器具です!

管理人も最初購入したときは、全然まっすぐ打てずに心が折れそうになりまりたが、練習を続けることによって、だんだんと打てるようになってきました

まだまだ安定してまっすぐ打つことは出来ませんが、上で紹介した菅原大地プロの動画を参考にしながら、練習していきたいと思っています!