コスパ担当大臣に就任しました!

コスパ大臣の経済的自立(FIRE)への旅ブログ

Nサラリーマンが経済的自立(FIRE)を達成するまでの道のりを記録したブログです!

コスパ大臣の経済的自立(FIRE)への旅ブログ

「インターンや学歴は選考に関係ない?」よくある疑問に就活経験者が答えます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:cp-daijin:20180218225742p:plain

こんにちは!

管理人のコスパ大臣です。

今回は就活でよく出てくる疑問「インターンや学歴って選考に関係ないの?」について就活経験者である管理人がお答えします!

いきなり結論!!

【インターンは選考に関係しているといえる理由】

理由① 多くのお金と時間をつぎ込んでいるのに、それを活用しないわけがない

理由② インターン参加者用の特別選考ルートがある(実体験)

【学歴は選考に関係しているといえる理由】

理由① 新入社員が微妙だったときに言い訳できるから

 

インターンって選考に関係ないの?

結論から言うと「インターンは選考に関係ある」です!

理由① 多くのお金と時間をつぎ込んでいるのに、それを活用しないわけがない

f:id:cp-daijin:20180218204736j:plain

そもそも、企業はインターンを開催するにあたり「インターンの準備+本番の人件費、場所代」など多くのお金と時間をつぎ込んでいます。

ここまでしてわざわざ開催している、インターンを選考に使わないなんてもったいないですよね・・・?

そんな無駄なことをしている企業があるなら、経営方針を改めて貰いたいです・・・(笑)

もちろん、ワンデーインターンなどは会社説明会の意味合いが強いので、選考に関係している可能性は低いかもしれません。

しかし、複数日に渡るインターンなどは確実に選考に関係していると考えたほうがいいでしょう。

理由② インターン参加者用の特別選考ルートがある(実体験)

f:id:cp-daijin:20180218194955j:plain

実際に私も去年就活を体験しましたが、インターンに参加したことによって「本選考とは違うルート」がある企業が多かったです。

もちろん私も経験がありますし、周りの友達からも多く聞きました

本選考に比べて面接の回数が少なかったり、早く内定がもらえるメリットがあります。

少しでも興味のある企業があるなら、ぜひ参加することをおすすめします!

どちらかと言えば、いい人を取るためのインターンシップ

f:id:cp-daijin:20180218194958j:plain

これは知り合いの人事の方に聞いた話なのですが、インターンシップでの選考はあるそうです。

しかし、その方の企業の場合は「優秀な人を見つけるための選考」とおっしゃっていました。

悪い人に×をつける為の選考ではなく、いい人を見つけるための選考とのことです。

なんで関係ないと企業は言い張るのか

日本経済団体連合(通称:経団連)の「採用選考に関する指針の手引き」に以下の文章が書かれているからです

f:id:cp-daijin:20180218225738p:plain

経団連に所属する企業は、この手引きを遵守する必要があります。

そのため、企業のインターンのホームページを見ると「本インターンシップは選考には関係ありません」と注意書きがされているのです。

選考に学歴って関係あるの?

これも結論から言うと、学歴は選考に関係あります!

理由① 新入社員が微妙だったときに言い訳できるから

f:id:cp-daijin:20180218194951j:plain

これも知り合いの人事の方に聞いた話なのですが、選考において学歴は関係あるみたいです。

なぜなら「採用した新入社員が微妙だったときに言い訳できるから」だそうです。

企業の採用担当だって、結局はサラリーマンなんです。

良い新入社員を採用することができなければ、上司に怒られます。

そんなときに「だって彼は〇〇大学出身なんですよ」と言い訳できるのが重要となるようです・・・

管理人まとめ

f:id:cp-daijin:20180218194935j:plain

今回は「インターンは選考に関係あるのか?」「就活に学歴は関係あるのか?」2つの疑問について解説しました。

私も一昨年就活をやっていたので、根拠もない噂に何度も惑わされました・・・(笑)

もちろん、インターンや学歴が選考に関係あるどうかは企業にもよると思います。

しかし、少なくともインターンに参加してマイナスになることはありません。

企業に対する熱意も見せることもできますし、企業に対する理解を深めることもできます。

就活生の皆さんは、ぜひ色んな企業を見て、後悔しない就活にしてください!